こんにちは(^_^)/院長の笠原です。

最近患者さんで来院が多くなっている症状として五十肩があります。

五十肩って五十歳の人がなるんでしょ?と思われている方も多いと思いますが、

五十肩は20歳の人でもなります。日頃から肩を多く使う人に見られます。

五十肩は肩の筋肉が痛みを起こしてしまい、体が挙げたくないと固めてしまっています。

痛みをしっかりと取っていくことで肩は挙がります。また動かさないと余計硬くなってしまうので、

運動が必要です。リハビリでも肩の体操があるくらいで、動かすことで改善が見込まれます。

しかし自分でやろうとしても中々動かすことが出来ないので、当院で行っているMPFと一緒に治療をすることで効果がでます。

五十肩になった際には早めの対応が肝心なので、少しでもおかしいなと思った時には治療に来るようにしてください。