おはようございます、佐藤です。

今回は皆さんにも知っていただきたいのと自分にも言い聞かせるように

このタイトルにしました。

誰もが「運動しよう!」「身体を鍛えよう!」と一度は思った事があると思います。

その中でやはり壁に当たるのは継続する大切さ、難しさだと思います。

今回は「なんで動かすことが体に良いのか」「何をすれば良いのか」そこを皆さんに知っていただき

習慣になって頂ければ良いなと思っています(^○^)
① 骨が丈夫になる
運動をすると、骨に力が加わります。この力が骨をつくる細胞の働きを活
発にして骨を丈夫にします(^_^)
② 関節や筋肉が柔らかくなる
運動をすると関節や筋肉が柔らかくなります(^_^)
③ 筋肉がつよくなり、疲れにくくなる
運動をすると普段より強い力を発揮するので、その刺激によって筋肉
が太くなり、力が強くなります(^_^)
④ 心肺系が強くなり、疲れにくくなる
運動をすると肺で酸素を取り入れる効率が高くなります。また、心臓も筋
肉ですから大きく、強くなります。さらに血管が太くなり、毛細血管も増え
て血行がよくなり、酸素や栄養、老廃物等を大量に素早く目的地に運べるよ
うになります(^_^)
⑤ 血液がきれいになる
運動をすると善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減るので、
血管が詰まったり、固くなったりすることを防げます(^_^)
⑥ 痩せる、見た目も若返る
運動中および運動後は普段よりエネルギーを消費します。また、筋肉も増えるので、普段のエネルギー消費量も増えます。また、特に弱い運動を継続すると、力を長く出し続けられる筋肉の方が発達して、脂肪の消費が増えます。プロポーションも改善されてスタイルが良くなり、見た目も若返ります(^_^)
⑦ 脳を活性化する
筋肉を動かす信号を送るのは脳です。ですから、体を動かすと脳に刺激を与えることができ、認知症を予防・改善する効果が期待されます。特に、体を複雑に動かす運動はもちろん、ウォーキングのように移動して風景が変わる運動もよい刺激になります(^_^)
⑧ 抵抗力がつく
適度な運動をすると免疫機能が高まり、病気に対する抵抗力が増します。特に、楽しみながら運動をすると効果が高くなると言われています(^_^)
⑨ 痛みが緩和する
運動をすると筋肉の緊張がほぐれたり、血行や新陳代謝が増し、回復が促進されるからです。※ここに関しては詳しく説明いたしますので是非、佐藤にお声かけください(@_@)
⑩ 気持ちが元気になる
適度な運動をすると、気分を明るくなり、ストレスが発散できたり、リラックスできたり、不安感や疲労感が減ったり、意欲がでたり、自信がもてたり、対人関係がよくなったり、生活が充実したり等々さまざまな心への効果があります。

治療というのはお薬や注射をすることだけではなくたくさんの選択肢があります。

患者様一人一人にあったオリジナルの治療プランを一緒に考えていきたいと思いますのでどんどんご相談くださいね!(^^)!