こんばんは、佐藤です(^_^)

ここ最近は台風も過ぎ去り一気に気温が上がりましたね(T_T)

そこで皆さんの安全を守る為ひまわり佐藤がちょっと役立つ?情報をお届け致します!!

夏は、気温とともに体温も上昇するので、体は発汗によって体温を下げようとします。

その汗には、水分だけでなく塩分も含まれており、この両方が失われることで脱水症に。

脱水症を放っておくと、熱中症、熱射病へと移行していきます(-_-)

●脱水症
水と電解質(塩分が水に溶けると電解質になります)で構成される体液が汗で失われ、その補給ができていない場合に生じます。

脱水症になると、血液量が減小、血圧低下、不要な老廃物を排泄する力も低下します。また、食欲不振などの原因にもなります。

さらに、骨や筋肉から電解質が失われることで、脚がつったり、しびれが起こることもあります。

●熱中症
熱中症とは気温の高い環境で生じる健康障害の総称です。

体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、痙攣、意識障害

などの症状が起こります。

じゃあどうすれば良いの~~!! (@_@;)

安心してください。佐藤です。

ジャン!! ↓↓↓

室内では無理はNG、扇風機やクーラーを活用し、適度な気温、湿度を保ちましょう。

もし外出先などで体調に異常を感じたら、風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内へ。

きついベルトやネクタイをしている場合はゆるめ風通しを良くし体からの熱の放散を助けます。

いかに早く体温を下げることができるかが悪化させないポイントです。

水だけで安心してはいけません!

一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良を引き起こすことも。

水分補給をする時には、あわせて塩分の補給もおこなえるとベストです。

水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクまた水や麦茶には塩や梅干しなどを足して塩分も補給しましょう。

緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため要注意です。

日頃からこまめな水分補給を

のどが渇いていないから、汗をかいていないから大丈夫と思いがちですが、すでに体液が減少している場合も。

いつもより尿の色が濃く、量が少ない場合はすでに体内の水分不足が起こっています。

のどが渇く前からのこまめな水分、塩分補給が脱水症、熱中症予防には大切です。

熱中症の発生は、当日の水分、塩分不足だけではなく、数日前からの不足が原因で発生します。

常日頃から水分と塩分の補給を心がけましょう。

♡日頃から疑問に思っていることなどありましたらひまわりの佐藤にご相談ください。

わからなかったら調べますから♡