こんにちは(^_^)/院長の笠原です。

今日はぎっくり腰にならないための予防を紹介していきたいと思います。

1.日頃から腰の負担を減らすように心掛ける

同じ姿勢を続けない。

椅子に長時間座る場合、マメに立って体を動かす。

重いものを持つときは骨盤ベルトをする。

くしゃみや、洗顔のときは膝を曲げる  などなど毎日少しずつでも腰のまわりの筋肉をストレッチするようにしましょう

2.身体を冷やさないように長時間身体を冷やさないように気をつけましょう。冷えもぎっくり腰のきっかけになります。季節の変わり目の時期。梅雨の時期など。

3.ストレッチをしましょう。

腰回りのストレッチも大事ですが、足の周りの筋肉をストレッチすることで腰の負担も軽減します。

3つのことを意識してぎっくり腰にならないように予防していきましょう。

次回はぎっくり腰の症例を紹介していきたいと思います。