こんにちは(^_^)/院長の笠原です。

久しぶりに更新しました。今後は定期的に更新していきますので、みなさん是非ご覧になってください。

今日は続ぎっくり腰の話をしていきます。

前回もやりましたが、この間全体での勉強会もあったので詳しく説明していきたいと思います。

ぎっくり腰には3パターンあります。

一つは急性のぎっくり腰

二つ目は慢性から急性になるぎっくり腰

三つ目は抜けるぎっくり腰

三つ目のぎっくり腰は筋肉の緊張が低下してしまい、力が入らない状態です。

特に何か特別なことをしたわけではなく、くしゃみや咳でなってしまう方もいます。

10代~50代まで年齢層は幅広いです。

当院では筋肉の緊張を戻し、力が入るように施術をしていきます。

筋肉のバランスが悪くなるので、手技による筋肉の緊張を戻してあげることができます。

普段から姿勢が悪かったり、運動不足だったりする方に多く見られます。

生活環境も改善しなければ繰り返しなってしまう恐れもあるので注意が必要です。

ぎっくり腰にならないためにも普段の生活も気を付けてください。

次回はぎっくり腰にならないための運動を紹介していきます。