こんにちは(^_^)/院長の笠原です。

 

交通事故の患者さんで良く言われるのが「身体が変わった」「治療の後は楽なんだけど、すぐ辛くなってしまう・・・」

などという声を聴いたことがあると思います。交通事故の患者さんはもちろん身体も痛いですが、心に自分自身も気が付かないようなショックがあり、それが筋肉身体全体への影響を及ぼしています。

自律神経

交感神経 活動している時 緊張 ストレスなど

副交感神経 休息 リラックスなど

 

特に交通事故の患者さんでは、ストレスを感じやすくなっている場合が非常に多い。

例えば、今後の不安「身体の痛み 保険 社会復帰など」を抱える場合が多く、事故直後よりも、一月ほどたってから不安の覚える方が非常に多い。また、車を運転するだけで事故の事を思い出してしまい怖いなどの声を頂いたこともあります。またトラブルを抱えていたりするとさらに交感神経が優位に!?

これらの事から、交感神経が優位になることが多く常時筋緊張が強くなり治療後、すぐにまた辛くなってしまう方が多い。

 

ただし、交感神経が働くことは問題ではなく、ストレスが多く交感神経ばかり働いてしまい身体を修復する副交感神経が、十分に働けない事が問題になってくる。

そうすると・・・

 

ストレスを感じる→交感神経が働く→筋肉が硬くなる→血液循環が悪くなる(身体を修復する栄養 酸素体温が全身にいきわたらない)→リンパの流れが悪くなる(疲労物質老廃物が排出されない)→身体の回復 新陳代謝が悪くなる(疲労回復や身体の修復が追い付かず、疲れやすい身体に)→その不調がストレスになり交感神経が働く・・・→初めに戻る 

 

という悪循環になる為なかなか変化がしにくかったり、また良くなっても辛さが戻ってしまう事が多い。

 

ならどうすればいいのでしょうか?

筋肉をほぐす お話しを良くして笑顔になってもらう。これらが非常に有効となります。

治療は筋肉だけでなく心の治療もおこなう事で、負の連鎖を断ち切ることが出来ます。

 

基本的なところですがこれらがかなり有効で、笑顔を良く見せて下さる方や、良くお話しする方などは非常に治りやすい身体をしていると思います。気軽に良く会話しましょう!!

 

注意点

会話中に無理に事故と状況を聴いたりしてしまうと、事故の事を思い出してしまったりするので、逆効果に!

本人の趣味のことや、楽しかった事を目標にして患者さんを褒めてあげよう!患者さんも良くなっていることが分かればストレスもなくなりますよね!

 

心のケアの仕方

①定期的に休みを取る(頑張りすぎないでゆっくり休める時間を作ってあげましょう)

 

 

②気持ちを抱え込ませないで話を聞いてあげる

(気持ちを表せないと非常に心と身体に悪い影響が出るので、話しやすい環境を作ること*聞き出そうとしない事、話したくない事、思い出したくない事も多くある)

 

 

③回復の速さは人それぞれ違う

(心と身体の回復は人それぞれ違うので、なかなか立ち直れない方がいてもゆっくり見守ってあげる事が大切です。また治療の際必ず変化や良くなっているよ!と希望を持たせることで気持ち的に非常に楽になります)

 

 

④専門家に相談してみる

(身近な人に打ち明けられない事があっても、専門家ならじっくり聞いてくれるはずです。いざという時は専門の相談所やメンタルクリニックなどへの提案も必要となります)

 

⑤相手方の保険担当者と、患者さん自身でもめる方も多くそれが非常にストレスになる方も多くいます。ですので的確なアドバイスなども必要となります。また、施術者側と保険担当者でしっかりとした連絡を取ることで患者さんの負担を軽減できます。

 

治療について

特に交通事故の患者さんの場合、治療初期に少し触っただけでも痛みを感じやすく、また治療後の反応も出る方が多くいます。

必ず一つ一つ患者さんの状態説明と、安心した治療が受けられるようにしていきます。

とくに基本ですがファーストタッチはかなり注意して行わないと、身体が緊張してしまいやすく今後の治療計画にも影響を及ぼしかねないので注意が必要です。

口コミ

ひまわり整骨院

東京都江東区南砂5-12-4

03-3640-0122

営業時間 9:00~12:30

      15:00~19:30

祝日   9:00~17:00まで  日曜定休