こんにちは(^-^)/相馬です。

今回は側弯症の原因を紹介します。脊椎側弯症とは文字通り人間の脊椎(脊柱)が横に曲がってしまい(側わん)症状を起こすものをいいます。

また脊柱側弯症という言われ方もあります。

脊柱側弯症の原因は神経や筋肉の病気、外傷、腫瘍などが原因で起こります。

他にも日常生活での姿勢が悪かったりするとそれも原因となります。

また、先天的に足の長さが違ったり、股関節の手術で足の長さが変わってくるとその差を姿勢で補おうとしてしまいます。

そうすると脊椎に負担がかかってしまって脊椎側弯症となってしまいます。

痛みや姿勢、足の長さなどが原因で起こるものを機能性側弯といいます。

そして脊椎の側弯とねじれを伴ったものをそれは突発性側弯症と言います。